FC2ブログ
『たたかいの社会学』
- 2019/10/20(Sun) -
ましこ・ひでのり 『たたかいの社会学』(三元社)、通読。

今年の正月に読んで「正月早々失敗した!」と思ってしまった著者の本
同時期に2冊買ってしまったので、手元に残ってた本作も、不安を感じながら読んでみました。

が、やっぱりダメでした。

著者の頭の中の言葉が、ドーッと迫ってくるのですが、
どんどん話が展開していくので、読んでいるのがしんどいです。

社会学の本というより、著者自身の哲学観の本のように思えてしまい、
共感するきっかけを得ることができませんでした。

かなりの斜め読み&気になるワードの拾い読みになりましたが、
ほとんど読み止まることなく流れて行ってしまいました(苦笑)。

たぶん、著者と私で「社会はどういう風に動いているのか」を知ろうとする姿勢が全然違うような気がします。
だから、生理的に著者の思考に入っていけないのだろうと思います。
上手く言えないですけど。

たぶん、この著者の本は、今後も上手く読めないと思います。
すみません。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『武士道シックスティーン』 | メイン | 『インビクタス / 負けざる者たち 』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6019-5564d875
| メイン |