FC2ブログ
『夢はトリノをかけめぐる』
- 2019/10/08(Tue) -
東野圭吾 『夢はトリノをかけめぐる』(光文社文庫)、読了。

世の中はラグビーW杯で盛り上がってますね!
昔のラグビー中継は、社会人も大学も、ラグビーファン向けだったので
素人が見てもチンプンカンプンでしたが、今回の中継ではルール解説をこまめに入れてくれるので
素人でも試合展開についていけるようになってます。
テレビも頑張ればできるじゃん!ってな感じです(←上から目線)。

さて、何かスポーツ物はないかな?と手元の積読の山を探したら、本作が出てきました。
東野圭吾氏によるトリノ冬季五輪の観戦記です。
奥田秀朗氏はスポーツエッセイをいろいろ書かれているので、スポーツ大好きという印象がありましたが
東野氏がウィンタースポーツ好きとは知りませんでした。
ただ、作中で触れられているように、『鳥人計画』というスキージャンパーが主人公の作品を書いているので
言われてみれば、普通の小説家がこんな題材なかなか選ばないよなぁ・・・・とは思います。

で、トリノ冬季五輪の取材エッセイとして、前半は、国内の競技施設で練習しているところにお邪魔し、
後半では実際にトリノに赴き観戦するという内容です。
ただ、普通のエッセイと違って、なぜか「ネコの化身の夢吉」という存在が主人公で
小説仕立てになってます。
夢吉が、東野氏の取材に帯同して、夢吉の視点で描くというもの。

あんまりその演出効果はなかったようにも思いますが、
「エッセイは苦手なので、書き進められるように小説仕立てにした」という趣旨のことを
本人が述べてますので、仕事をするための苦肉の策だったということかなぁ。

スポーツそのものの紹介記や観戦記というわけではなく、
著者の思考が、「僕はこんなにウィンタースポーツ好きなのに、なんで日本では人気がないんだろう?」
という疑問を軸に組み立てられているので、日本社会とウィンタースポーツという関係性が
各競技ごとに考察されていて、結構面白かったです。

著者は、札幌冬季五輪でのジャンプ表彰台独占という快挙の後の大会で
惨憺たる成績だったので人気が長続きしなかったというような理由をいくつか挙げていましたが、
私は、ルール改定の恣意性にあると思っています。

ノルディック複合で荻原兄弟が抜群の成績を残したらルールを変え、
ジャンプで舟木らが好成績を収めたらルールを変え、
フィギアで羽生が王者になるとルールを変え・・・・。
ウィンタースポーツは、日本人が頭角を現すとルールが欧州勢の都合の良いように変えられるという
感覚が私の中にあります。
もちろん、夏季五輪の競技でも、恣意的にルール改定をしているケースはあるのかもしれませんが、
私の印象では冬季の競技に多いような印象です。

それは、ウィンタースポーツは欧州の金持ちが優雅に楽しむものであり、
アジア人がそのトップに立つことなんて許さん!というような感情が入っているような気がします。
その点、夏季の競技は、純粋にルールの下で各国が世界一を競い合うという気持ちが
強いように思います。

「100mを走る」とか「100mを泳ぐ」とか、シンプルな競技では、どの国が勝つかも興味がありますが
それ以上に「何秒を記録するか」という人類の最高到達点を見たいという感情が優先されるのかなと。
だから、ルールで小細工せずに、とにかく最速の人間を見たいという気持ちに従っているのかなと思います。

さらには、冬季五輪は人気のある国が偏ってるので、
商業的に稼ごうと思ったらその国を優遇するのが手っ取り早いですが、
夏季五輪は世界各国で注目されているので、商業的に稼ぐには、いかに各競技を面白く見せて
放映権を高くしてどれだけ多くの国に販売するかという戦略になると思います。

今回のラグビーも、聞くところによると、点の与え方が時代により変わってきたようですが
より熱戦になるように、魅せるプレーが高得点に繋がるように設計を変えてきたように思えました。

スポーツに商売魂を持ち込むな!という声もあろうかと思いますが、
ラグビーW杯は、やぱりこれを商機ととらえた日本企業なり協会なりが一生懸命知恵を絞って
何年もかけて対応してきた結果、このブームに繋がっていると思います。
それを思うと、まだまだ冬季五輪では、ビジネスチャンスが小さいと見られているんでしょうね。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  東野圭吾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『求愛瞳孔反射』 | メイン | 『「半沢直樹」で経済がわかる!』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6012-e6c8e0fd
| メイン |