FC2ブログ
『毎月新聞』
- 2019/09/30(Mon) -
佐藤雅彦 『毎月新聞』(中公文庫)、読了。

毎日新聞に月1回連載されていたものを文庫化した企画。
短いエッセイと、3コマ漫画で構成されています。

世の中のちょっとしたことに対して著者が感じた疑問や引っ掛かりをきっかけに、
思考を広げていった過程が描かれていることが多く、
「こんなことに着目しながら日々を生きているのか!」と驚かされる視点が多かったです。

創刊準備号として掲載されたのは「じゃないですか禁止令」。
自分の言いたいことを、世間一般や世代一般の常識のようにして語り、
逃げ道を作っておこうとする「~じゃないですか」という言い方。
自分は今まで気にすることなく使っていましたが、
確かに、指摘されれば、そういう逃げの気持ちがあったと思います。
これは自重しなければと反省しました。

こんな感じで、世間、特に佐藤雅彦作品を受け入れてそうな世代に対して
警鐘を鳴らすかのような提言が多く、
顧客に媚びない姿勢が印象に残りました。

そんな、まともで真面目な提言が多いためか、
3コマ漫画で息抜きというか毒消しを行っているのかなと思いました。

分厚い本ですが、余白のページが多いので、
思ったよりも早く読み進めることができました。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  佐藤雅彦 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『急ぎの仕事は忙しいヤツに頼め』 | メイン | 『無縁社会からの脱出』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6005-17cfc2e4
-『毎月新聞』-
毎月新聞 (中公文庫)佐藤 雅彦 (著)中央公論新社 2009-09Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 プチ哲学 (中公文庫) 四国はどこまで入れ換え可能か (新潮文庫) 日本のスイッチ やまだ眼 差分 1998年から2002年にかけて、毎日新聞夕刊版上にて連載されていたコラムをまとめた本。 「バザールでござーる」(NEC)、「だんご三兄弟」(NHKみんなのうた)、「ピ... …
2019/10/07 18:33  雨読夜話 ▲ top

| メイン |