FC2ブログ
『おとなの進路教室。』
- 2019/09/14(Sat) -
山田ズーニー 『おとなの進路教室。』(河出文庫)、読了。

全く知らない著者だったのですが、
著者名とタイトル、そして「ほぼ日刊イトイ新聞」の人気コラムという情報から、
ポップでウィットに富んだ大人の人生相談課と思いきや、
著者自身の経験に基づく、結構重たくまじめなお話でした。

著者は、福武書店で進研ゼミ小論文編集長をやってきたというご経歴で、
独立後に「ほぼ日刊イトイ新聞」にて「おとなの小論文教室。」をスタートしたとのこと。

本作のコラムは、福武書店を退職して、フリーでの仕事が安定するまでの間をネタに
大人として自分の人生を選び進んでいくための心構えを語っています。
その言葉にはうなずけるものもあり、自己考察も時間をかけて冷静にしているなと思いますが、
しかし、退職した理由が明快に語られないので、なんだか結構モヤモヤ。

自分の人生の転機については踏み込んで書いていそうで、肝心の部分は触れずにオブラートに包み、
代わりに、読者からのメールで、読者の人生の転換期について解説することで
うまくかわしているような印象です。
結構、ヘビーな時期を過ごしていたような感じは伝わってきたので、
詳しく言いたくないのも分かりつつ、
でも、それをネタに本を書くなら踏み込んでほしかったなあというのが本音です。

あと、進研ゼミで小論文の指導をしていただけあって、
文章は、短い中で簡潔に起承転結があって、さすがです。
小論文を極めると、こんな文章になるんだなという、その文章が良いか悪いかは別にして
勉強の成果として分かりやすい事例だなと思いました。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『火花』 | メイン | 『早田町』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5993-4dd51494
| メイン |