FC2ブログ
『カラーひよことコーヒー豆』
- 2019/09/09(Mon) -
小川洋子 『カラーひよことコーヒー豆』(小学館文庫)、読了。

かわいらしくポップなタイトルに惹かれて買ってきました。
著者の日常を綴ったエッセイでした。
雑誌の連載だったということで、1つ1つの分量は短めで、
まさに日々の体験を書いています。

私の、小説家・小川洋子のイメージは、
完成された異様な世界を描き上げる人で、時に怖さを覚えるのですが、
このエッセイで著者が見せている素の部分というのは、
何をやるにも不安げで、周りの視線を気にして、小さなことを後悔したり。

しかし、作品に対する不安のようなものは書かれていないのですよ。
自分自身には不安だけど、自分の作品には不安がない。
これってすごいことだなと、勝手に感じながら読んでました。

小説のような切れ味の鋭さは感じませんでしたが、
洒脱な文章は、やっぱりすてきだなと思いました。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  小川洋子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『不正会計の真実』 | メイン | 『不肖・宮嶋 史上最低の作戦』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5989-e59c29f1
| メイン |