FC2ブログ
『電通マン36人に教わった36通りの鬼気くばり』
- 2019/09/07(Sat) -
ホイチョイ・プロダクションズ 『電通マン36人に教わった36通りの鬼気くばり』(講談社+α文庫)、読了。

ホイチョイって、なんだか良くわからない集団ですよね。
バブル時代を振り返るときのヒットメーカーみたいなイメージがありますが
バブル当時というよりは、バブルを振り返るというタイミングが鍵みたいな。

本作は、電通のクライント対応のノウハウをポップな感じで要約・抜粋したものですが、
ホイチョイのフィルターを通すことで、適当に遊んだ感じの構成にしても
笑って読めるようになっています。
そういうポジションを築いているホイチョイは、やぱり凄いですね(笑)。

さて、肝心の内容ですが、電通マンがクライアントと接するときに
どんな行動に気を付けているかという、具体的な注意ポイントが挙げられています。

このてのハウツーに関しては、表面的なマニュアル化だ!というような批判も出るかと思いますが、
私は、こういう1個1個の行動をきちんとできるか否かが大事だと思うんですよね。
「こんなの頭を使わないマニュアルの押し付けだ!」という批判に対しては、
「マニュアル通りきっちり実行してから批判しろ!」と言いたくなります。
マニュアルって、思考を奪うような言い方をされてますが、
どんな場面においてもマニュアル撮りにきちんと実行するのって、
却って柔軟性や判断力、そして何より継続力を要求することだと思います。

電通の社員さんは知り合いに居ますが、やっぱり気の使い方とか、
事に際してのスピードとか、身のこなしとか、抜きんでてると思います。
その実態がマニュアルだったとしても、そのマニュアル実行力は本人のスキルですよ。

電通の強みは、個々の社員の動きをマニュアルとして一般化させる力と、
そのマニュアルを様々な環境下において実現できる個々の社員の柔軟性にあると思います。
最近は、過労自殺問題でちょっと社会的発言力が低下した感がありますが、
やっぱり電通の組織力と人材力は一流だと思うので、
「これが電通だ!」という仕事をしていってほしいなと思います。




にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『不肖・宮嶋 史上最低の作戦』 | メイン | 『イオンが仕掛ける流通大再編』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5987-0084b370
| メイン |