FC2ブログ
『建築家、走る』
- 2019/09/03(Tue) -
隈研吾 『建築家、走る』(新潮文庫)、読了。

以前に読んだ著者の本が面白かったので、
本作がブックオフで目に留まり、買ってきました。

いや~ぁ、面白いわ。

わたしは建築というものには特にこれといって興味がないのですが、
この建築家さんは、建築の話だけをするのではなく、
大きな社会の中での建築家の存在意義や、社会の変容に応じて建築家に求められる役割の変化、
その変化の要請に歴代の著名建築家はどのように答えを提示してきて、
そして著者は何を答えとして提示するのか。

そういう大きな視点をもって語っているので、
建築という物体にとどまらない考察が興味深かったです。

そして、この方の面白いところは、建築というものをアートとして捉えるのではなく
ビジネスとして捉えているところ。
クライアントの意向があり、その意向の中で自分のみせたいものをいかに実現するか、
そして予算の制約や政治的な制約に、どのような解決策を用意するのか、
ある種、ビジネスライクに捉えているところがあり、
そこも私の感覚からすると理解しやすいです。

きっとこの方は、もし建築の世界に進まなくても
別の世界でも自分のポジションを獲得できる万能感のある能力を持った人だろうなと思いました。

本作内では、建築の写真も何点か掲載されており、
建築に詳しくない身としては「へぇ~、これが建築の歴史を変えた作品なんだぁ」と
素直に見ることができましたが、著者が批判を集中的に浴びたという
自動車メーカー・マツダのショールーム「M2」は掲載されていませんでした。

なので、ググってみたのですが、正直「なんだこりゃ?」という建物でした。
デコデコしてて、すごい圧迫感です。
バブル景気の当時に目にしても、違和感覚えそうな威圧感。

逆に、ここから、「竹の家」に辿り着けるのが凄いなと思いました。
対極にあるような建築に行ったということは、相当、叩きのめされたってことですよね。
今、セレモニーホールになってるというのが、なんとも時代を表しているエピソードですね。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  隈研吾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『嘘八百』 | メイン | 『ナイト・ミュージアム2』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5984-b85f7985
| メイン |