FC2ブログ
『鉄道地図は謎だらけ』
- 2019/08/10(Sat) -
所澤秀樹 『鉄道地図は謎だらけ』(光文社新書)、通読。

鉄道地図をテーマに、日本全国の地方の話が楽しめるかなと思って買ってきたのですが、
思いのほか技術的なトピックスが多く、鉄道マニア向けの本でした。

この著者は、どういう立場でこの本を書いているのかな?と思い
プロフィールを読んでみたのですが、
「重電気機器設計、輸出事務、広告代理店、リゾート開発、市場マーケティング、ビデオソフト制作、
債権管理業、医療事務コンサルタントその他の職を経て旅、鉄道を中心とした執筆業に専念」
となっており、仕事では直接鉄道に携わってなさそうなので、ご本人が鉄ちゃんなんですかね。

それにしても、この仕事の変遷って、あんまり脈略がないように見えるのですが、
どんな人なんですかね?
履歴書にこんな変遷が書いてあったら、結構、警戒しちゃいそう(苦笑)。

さて、私の実家の町・津市の駅・津駅も登場しました。
JRと近鉄と伊勢鉄道の3つの鉄道会社が、1つの駅舎を共同利用しているというので、
全国的には珍しいみたいです。
JRの切符も、近鉄の切符も、伊勢鉄道(乗ることはまずないですが)の切符も、
同じ自動改札の機械に通して入場できます。
子供の頃からそういう仕組みだったので、全然気にしたことはなかったですが、
改めてこうやって指摘されてみると、確かに面白いですね。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ナイト・ミュージアム』 | メイン | 『日本史の謎は「地形」で解ける』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5961-9a7bf688
| メイン |