FC2ブログ
『特急ゆうづる3号の証言』
- 2019/07/21(Sun) -
西村京太郎 『特急ゆうづる3号の証言』(角川文庫)、読了。

大阪出張のお供に十津川警部。

表題作は、殺人事件のアリバイ隠しに婦女暴行事件をあえて起こすという
「え、そんな価値観あるの!?」的な、驚きのトリックです(苦笑)。
刑の軽重はあるにせよ、前科者になっちゃったら人生終わりだと思うのですが、
借金地獄に落ちた人は、判断力も鈍ってるということなのでしょうかね。

で、この話が、「やけに真相に早くたどり着いちゃうなぁ・・・・どんでん返しあるのかなぁ?」と
のんきに読み進んでいたら、なんと短編集でした(爆)。

4本の作品が入っていたのですが、
1本は異色の歴史ネタというか、太平洋戦争に突入していく段階の
近衛首相を狙った暗殺事件がテーマ。
まぁ、暗殺事件の構造も安易だし、計画も杜撰で、社会性もなし。
あんまり存在価値のない作品だなぁという印象でした。

他3つは十津川警部でしたが、
表題作で感じたように、「そんな殺人計画立てるか?!?」という感じの
捻りすぎな印象で、リアリティに欠けます。

動機もなんだか共感できないものが多く、
みんな自分勝手だなぁとしか思えませんでした。

最後の解説で、著者の本が500冊を突破したと書かれていましたが、
クオリティはともかく、それだけの量を生み出すエネルギーはすごいなと思います。




にほんブログ村 本ブログへ




関連記事
この記事のURL |  西村京太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『農家のマーケティング入門』 | メイン | 『官僚を国民のために働かせる法』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5946-b1e7fda6
| メイン |