FC2ブログ
中日×阪神
- 2019/07/17(Wed) -
年に1度の阪神戦観戦。
今年も昨年に続き、ナゴヤドームにやってきました。

オールスターを挟んで、阪神は4連敗中、中日は5連勝中
そして鬼門のナゴヤドーム。
なんだか始まる前から不安でいっぱいです(苦笑)。

先発は、阪神が岩田、中日はなんと1軍復帰の松坂。
凄い歓声でした。
そして、ナゴヤドームも、いつもスカスカの席が結構埋まってて、さすが松坂効果。

DSC_0047.jpg

初回、投球練習している松坂のボールが、思ったよりも勢いがあったので、
「あら、結構手ごわいのかしら」と思いきや、
先頭の近本、そして糸原と連続ヒット。
糸井の犠牲フライで早くも1点先制です。
こりゃ嬉し~いと思っていたら、大山、陽川と簡単に打ちとられて終了。
相変わらず、クリーンナップが機能しておりません。

一方の岩田の方も、立ち上がりはグダグダ。
ポコポコ打たれてすぐに2点を失います。

再び糸井のタイムリーで追いつきましたが、4番、5番が続けず、同点どまり。
イライラの募る展開です。

幸い、岩田が立ち直ってくれたので、その後は比較的落ち着いて見ていられましたが、
打線の方は中盤から全く打てなくなり、夢も希望もありません。
9回裏まで2対2で進んだところで、阪神の投手は小野に。
えっ!小野!?という感じ(苦笑)。
こんな緊迫した場面に使って良いのかと思ってたら、
案の定、四球とヒットで一気にピンチに。
そこで、なんとヒット1本の大島を申告敬遠して、4回とも塁に出てるアルモンテ勝負。
なんでぇーーーーーー。
小野の制球難はみんなわかってるはずなのに!

この超プレッシャーがかかる場面で小野の制球はますます乱れ、
ベースの超手前でバウンドするボールや、暴投に近いような大外れのボールを投げており、
アルモンテは楽々と押し出し四球を選びました。

なんじゃ、この展開はー!(怒)
でもね、小野のせいじゃないと思う。
9回に小野を登板させ、さらに申告敬遠で満塁策をとったベンチの失敗ですよ。

今日は、前日の負傷退場でマルテは不在。
ドリスも温存されて、出てきた外国人はPJのみ。
見たかった選手を見られなかったのも、不満の種となりました。

関連記事
この記事のURL | スポーツ観戦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『怒涛の虫』 | メイン | 『猫怪々』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5943-bfc86d48
| メイン |