FC2ブログ
『猫怪々』
- 2019/07/16(Tue) -
加門七海 『猫怪々』(集英社文庫)、読了。

ホラー作家による愛猫エッセイとうことで、
猫との生活を綴った本かな?ぐらいのお気楽な気持ちで買ってきたのですが、
かなり「怪」寄りの内容でした。

そもそも猫を飼い始める前の話からスタートするのですが、
なんだか凄く理屈っぽい。
どんな条件で街を選んだのか、実際に街を見て何を感じたのか
事細かに書いているのですが、ずいぶん堅苦しいなぁ・・・・・と思ってました。

それが、猫が家にやってきてから起きる出来事の数々で
なんでこんなに理屈っぽく始まったのか理解できました。
猫から黒い虫の影が飛び出したり、家の中に死にかけの犬が出てきたり、
これでもかというぐらい怪現象が起きまくります。
時々起きるのではなく、もう毎日、というか毎場面ごとに。

著者が体験した実話という態になっているので、
怪現象が現実に起きたということに説得力を持たせるために、
著者が「私は理知的にモノゴトを考えてますよ」というポーズが必要だったのかなと。

正直、これだけの怪現象が起きたら、
こんな猫と一緒に暮らすのは、私は嫌です(苦笑)。
まぁ、ここまで立て続けに変なことが起きると、
猫を捨てたりしたら祟りや呪いがかかるかも・・・という恐怖で、
捨てるに捨てられないかもしれませんが。

私は霊感とか全く感じないので、怖い目に遭ったり、不気味な思いをしたりは経験ないのですが
だからといって、霊の存在を否定するつもりはありません。
ただ、本作では、あまりに怪現象が立て続けに起こるので、
正直、途中からは作り物の小説だと思って読んでました。
現実の話だと思うと、霊媒師的な人まで呼んびつけての騒動ぶりに、ちょっと引いちゃいます。

というわけで、なんだか微妙な読書となってしまいました。
好きな人はドはまりする作品なんでしょうね。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  加門七海 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<中日×阪神 | メイン | 『笑われるかもしれないが』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5941-10548299
| メイン |