FC2ブログ
『笑われるかもしれないが』
- 2019/07/15(Mon) -
原田宗典 『笑われるかもしれないが』(幻冬舎文庫)、読了。

ムネリンのエッセイ本。
事件以降、ムネリンのエッセイを上手く読めなくなってしまってますが、
時間も経過したので、大丈夫かな?と恐る恐るチャレンジ。

いろんな雑誌に掲載されたエッセイの寄せ集めということで、
分量もテーマも結構バラツキがありますが、
ムネリン節のへらへらした感じで何となくまとまってる感。

この手の軽~い感じが心地よいなぁと思っていたところ、
カミサンや、息子が登場してくると、やっぱり頭は事件に戻ってしまって、
「あの時、この人たちはどんな思いをしたのだろう?」と余計なところに
気持ちが分散してしまいます。

あぁ、この人の本をきちんと読めなくなったというのは、まことに残念だなぁ。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  原田宗典 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『猫怪々』 | メイン | 『一橋ビジネスレビュー2019春』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5940-2b8839e4
| メイン |