FC2ブログ
『一橋ビジネスレビュー2019春』
- 2019/07/15(Mon) -
『一橋ビジネスレビュー2019春』

積読状態になっている号がいくつかありますが
とりあえず目についたので手に取りました。

特集は「NEXTユニコーン」ということで、
急成長したベンチャー企業を事例に、次のユニコーンを探すというモノでしたが、
事例として出てくる企業が、freeeやラクスルであり、
「あれ、ちょっと情報古くない?」と感じてしまいました。
ラクスルなんて設立して10年経ってるし。

まぁ、一定の成果を上げていないと評価しづらいという面もあるでしょうし、
そもそも日本にはユニコーン企業が少ないという点もあるので、
知ってる企業の話に収斂してしまうのは仕方が無いと思いますが、
あまり新鮮味がなかったなぁというのが本音。

ただ、事業設立や成長の経緯を追うだけでなく、
経営者の生い立ちにも迫っているのは興味深く読みました。

また、製造業の事例は、やはり技術的な土台が最も重要ということで、
いかに技術を社内に蓄積していくか、逃げないように囲っておくか、
つまりは人材の確保が大事なんだなと実感しました。

後半の記事は、正直あまり刺さってくるものがなく、
流し読みとなりました。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『笑われるかもしれないが』 | メイン | 『むかしの味』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5939-48ccc3ad
| メイン |