FC2ブログ
『日本地下経済白書』
- 2019/07/13(Sat) -
門倉貴史 『日本地下経済白書』(祥伝社黄金文庫)、読了。

吉本興業の闇営業問題が騒がれていますが、
税務署が捕捉できていないアングラマネーの市場規模を解説した本。

違法薬物や風俗、ギャンブルなど、
様々なアングラ市場が取り上げられており、
その市場規模に驚く半面、解説の内容はワンパターンで、
読み進むにつれて段々と興味が薄れていってしまいました(苦笑)。

公式の統計で、事業者数が何社となっているかを基礎に、
著者が聞いて回った範囲での平均的な1日の売上や利用者数を掛けて
市場規模を類推するというもの。
単純計算の試算で終わっていて、その類推が正しいかの二重チェックというか
別角度からの検証がされていないので、
表面的な考察で終わってしまっている印象です。

もうちょっと突っ込んだ解説が欲しいですねぇ。

週刊誌の連載コラムで読む程度なら興味深く読めるでしょうが、
一冊にまとめてしまうと、物足りなさが強調されてしまいます。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  門倉貴史 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『むかしの味』 | メイン | 『9割がバイトでも最高の感動が生まれるディズニーのホスピタリティ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5937-f7f34956
| メイン |