FC2ブログ
『本当は間違いばかりの戦国史の常識』
- 2019/06/29(Sat) -
八幡和郎 『本当は間違いばかりの戦国史の常識』(ソフトバンク新書)、読了。

著者の名前は産経新聞とかで時々見るような気がしていたので、
あんまり文章は読んだことがなく知らないのですが、保守論客なのかなと思ってました。
が、本作を読んでみたら、結構軽めの歴史の本をたくさん書いているようで、
ちょっと印象が変わりました。

基本的に、江戸時代は安定していたが停滞していた時代として否定的であり、
反対に室町時代を肯定的に描きます。

確かに、私の日本史の知識でも、室町時代が一番良く分からないというか
興味を持てない時代でした。
たぶん、幕府として一本筋の通った統治戦略のようなものが見えにくいからかなと感じました。
江戸幕府だと、幕藩体制という確固とした戦略があって、将軍が変わっても、筋が通ってるんですよね。
それに比べると、室町幕府は将軍ごとに戦略が変わってしまい、つかみどころがない感じです。

本作では、室町時代の捉え方を、いろんな角度で教えてもらえたところが面白かったです。
ただ、構成が、世の中の常識に対して著者が正しい歴史を教えるという態を取ってるので
1つ1つのエピソードが細切れな感じがして、全体感が掴みにくかったのがちょっと残念でした。

戦国時代の話については、室町時代ほど新たな気づきがなかったので、
一般的な歴史読み物として楽しみました。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『ディズニーそうじの神様が教えてくれたこと』 | メイン | 『ルパン三世 イタリアン・ゲーム』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5925-df1513de
-『本当は間違いばかりの「戦国史の常識」』-
本当は間違いばかりの「戦国史の常識」 (ソフトバンク新書)八幡 和郎 ソフトバンククリエイティブ 2012-04-19Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 本当は恐ろしい江戸時代 (ソフトバンク新書) 本当は誤解だらけの「日本近現代史」 世界から賞賛される栄光の時代 (ソフトバンク新書) 本当は面白い「日本中世史」 愛と欲望で動いた平安・鎌倉・室町時代 (ソフトバンク... …
2019/07/05 21:57  雨読夜話 ▲ top

| メイン |