FC2ブログ
『だいたい四国八十八カ所』
- 2019/06/19(Wed) -
宮田珠己 『だいたい四国八十八カ所』(集英社文庫)、読了。

またまたタマキングさんの本をば。

今回は、四国八十八か所巡礼のレポートです。
修行の覚悟は無いだの、信仰心は無いだの言い訳してますが、
ちゃんと納経して、お寺の様子も眺めて、なにより地元の方やお遍路さんと交流して、
とても真面目な巡礼記だと思いました。

タマキングさんにしては真面目過ぎるかなと(苦笑)。
もうちょっと緩いレポを期待していたのですが、
全編にわたって、意外と真面目でした。
でもそれは、四国八十八か所という場所がそうさせるのかなとも思います。

お気楽な目的で巡礼を始めた人も、
真面目にならざるを得ないんだなぁということが分かって、
それはそれで興味深いです。

著者による、同じお遍路さんの分類というか、
スピードや回数を競う人々に対する辛辣な視線が面白かったです。

興味深かったのは、外国人のヘレナさんと一緒だった数日間のレポート。
外国を旅する人への著者の温かな視線は、
ご自身が外国を旅してきた経験そのものなんでしょうね。
この2人で、どこか異国の地を旅しても、面白いレポートになりそうだなと思いました。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  宮田珠己 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『農業ビジネスがよ~くわかる本』 | メイン | 『12歳までに身につけたいお金の基礎教育』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5918-2fa2c32e
| メイン |