FC2ブログ
『日本の秘境ツーリング』
- 2019/06/11(Tue) -
末飛登 『日本の秘境ツーリング』(枻文庫)、読了。

ドカ買いしてきた中の一冊。

著者は、バイク雑誌で連載を持っているそうで、
バイクのテレビ番組も持っている様子。
その世界では、知られた人なのでしょうね。
私は、バイク自体には興味がなく、日本の秘境に興味があって読んでみました。

最初は、著者の軽い文体がクドくて読みづらいと感じましたが、
それに慣れてくると、「意外ときちんとツーリングして(変な)観光地をしっかり回ってるな」と思い、
どんなところに寄るんだろうかと楽しみになってきました。

基本、秘境というか、C級感満載の観光地を回っているので、
「そんなところあるんだ!?」「そんな変な人がいるんだ!?」と驚いて読んでましたが、
終盤に三重県が登場し、そこに登場するのは、安土桃山時代村や海の駅黒潮など、
三重県民なら普通は知っている観光地です。
そして、我が故郷・津市からは、新玉亭とルフランの2店が紹介されており、
「どちらも行ったことある~🎵」どころか、「この人たち知ってる~🎵」というレベルの身近さ(笑)。

三重県版で、そこまで身近に感じられるということは、
きっと他の紹介されている都道府県の各スポットも、
地元の人にとっては、「おお、あそこかぁ」という感じなのかなと思いました。
こういう超ローカルネタが、外部の人によって紹介されているのを読むのって、
ちょっと恥ずかしさも覚えつつ、なんだか嬉しいですね。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『宇和島の鯛めしは生卵入りだった』 | メイン | 『カキフライが無いなら来なかった』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5910-15184402
| メイン |