FC2ブログ
『カキフライが無いなら来なかった』
- 2019/06/09(Sun) -
せきしろ、又吉直樹 『カキフライが無いなら来なかった』(幻冬舎文庫)、読了。

せきしろさんって、芸人さんだと思ってました。
作家さん(コラムニスト?)なんですね。

せきしろさんと又吉さんの2人が綴る、自由律俳句と短いエッセイ。
裏表紙に「センチメンタル過剰で自意識異常な世界」と書かれてましたが、
まさにそんな感じの世界が広がっています。

自由律俳句は、五・七・五の型を破った俳句ですが、
あまりに自由な句作が続くので、
「なんで、この句を読もうと思ったんだろう?」と疑問に思ってしまう光景も多く、
型破りというのも、自由過ぎて、その感情を伝えるのが難しいんだなと
変な感想を持ってしまいました。

「なんで、この句を読もうと思ったんだろう?」と思えてしまう光景をあえて切り取ってるというのは、
つまり、「センチメンタル過剰で自意識異常」ということなんだろうなと納得。

私が、そもそも俳句の世界にあまり馴染みがないから
余計にそう感じてしまうのかもしれません。
短いエッセイで表現された世界観の方が、引き込まれるものが多かったです。

せきしろさんの名前で、自分のBlogを検索したら、
前に読んだ作品が1つヒットしましたが、それも自由律俳句の本でした。
俳句は、解説がついてれば、きっと楽しめるんだろうな。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  又吉直樹 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『日本の秘境ツーリング』 | メイン | 『地下旅!』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5909-32539bad
| メイン |