FC2ブログ
『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?』
- 2019/05/30(Thu) -
ひろゆき 『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?』(扶桑社新書)、読了。

最近、残業しながらYoutubeを見ていることが多いのですが、
ひろゆきさんの出ている動画も良く見ます。
一言で言うと、本作の中で佐々木俊尚さんが評した「身も蓋もない」という言葉が
最も上手くひろゆきさんを表現しているかなと思います。
現実を直視する、無駄な理想を語らない、本音で話す、そういうところが特徴かなと。

IT技術なり、WEBサービスなりというところへの評価や考察よりも、
「WEB2.0を定義することに何の意味があるの?」というような世の中の動きへの見解や、
「これが当然だと思える人は、僕らみたいな人」と、一般の日本人と自分との間に
線を引いていることを明言してしまうような強さのようなところに興味を覚えます。

佐々木俊尚さんとの対談では、IT技術の革新やWEBサービスの拡充について
基本的には前向きな評価をしている佐々木氏に対して、
「それって意味あるんですか?」的な意見をポンポン放り込んでしまうひろゆきさんを見て、
そういう視点で考えることも必要だなと思いました。
世の中の称賛の流れに、何も考えずに流されるようなことはしないという自重と言いますか。

ただ、ひろゆきさんが、このような斜に構えたところから発言して一定の評価が得られるのは、
梅田望夫さんとかが一生懸命IT技術やWEB世界の夢を語って世の中の期待を呼び起こして
いるからこそだと思うので、ひろゆきさんの主張がメインストリームになることはないと思いますが。

あと、対談では、小飼弾さんとの対談が興味深かったです。
プログラマーとしての技術的な話はさっぱり分かりませんが、
2人が日本人社会をどのように捉えているのかという部分が面白かったです。

最後に、著者自身が書いている(とされる)対談以外の文章ですが、
あまりに読み難くて、内容が頭に入ってこなかったです。
本作は、著者の語り下しだと思うのですが、テープ起こしをそのまま文章にしたのではないか
と思えるような、粗い文章で、残念でした。

ひろゆきさんの動画では、発言しているときの行間の間合いとか、ワードを発した時の口調の強さとか、
話ながら訂正を入れたり、補足をしたりする、その言葉のつなぎ方とか、表情とか、(笑)とか(怒)とか、
画面から様々な情報が伝わってくるので、文章にしたときに違和感があっても、
聞いている側の脳内できちんとした内容に整理できていきます。

しかし、文字の文章は、整った日本語が書かれていると頭は思い込んでいるので、
語り下しそのままでは、非常に読みづらいです。
そこは編集者の腕だと思うのですが、レベルが低くて残念でした。

ひろゆきさんの著作を読むのが、本作が初めて!というような人には、
「日本語で相手に伝えるのが下手な人」という印象がついてしまわないか心配です。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  佐々木俊尚 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『日本地図の秘密』 | メイン | 『大人の見識』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5903-1935c35f
| メイン |