FC2ブログ
『ヒトイチ』
- 2019/05/26(Sun) -
濱嘉之 『ヒトイチ』(講談社文庫)、読了。

警察組織内の不正に対処するいわゆる監察の仕事を舞台にした小説。
警視庁人事一課、略してヒトイチだそうです。

最初、長編小説かと思っていたら、
中編小説が3本収録されていました。
あんまり事件を大事に仕立て上げず、さくっと結末をつけていたので読みやすかったです。
何よりも、監察にそこまでの捜査能力があるのかというところに驚きました。
警察官出身の著者が書くのですから、そうなんでしょうね。
精鋭を配置しているようですが、内部統制にそこまで力を注ぐのは、
やはり、不祥事で一気に崩れてしまうという危機感を持っているからなのでしょうね。

警察内の階級による上下関係の厳しさはイメージできますが、
さすがに細かく階級の描写をされてしまうと、ちょっとしんどいので
大まかなイメージ程度で読みました(苦笑)。
警察マニアの人には、たまらない緻密さでしょうね。

各事件は、優秀な人物でも、魔が差す時があるというような話ばかりで
そんなに優秀な人に裏切られてたら警察も大変だな・・・・と思いつつ、
でも、監察の係長が自ら現場捜査に乗り込んでくる事件となると、
やはり監察相手もそれなりに大物にならざるを得ないんでしょうね。
小説として。

このシリーズは、これからも読んでみたいと思います。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  濱嘉之 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『大人の見識』 | メイン | 『キリンビール高知支店の奇跡』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5901-d2b2d72f
-『ヒトイチ 警視庁人事一課監察係』-
ヒトイチ 警視庁人事一課監察係 (講談社文庫)濱 嘉之 講談社 2015-05-15Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 誘爆 - 刑事の挑戦・一之瀬拓真 (中公文庫) 確証 (双葉文庫) over the edge (ハヤカワ文庫JA) 警視庁行動科学課 (光文社文庫) 死の証人 新・傭兵代理店 (祥伝社文庫) 濱嘉之による、警視庁警務部人事一課、通称ヒトイチの監察係長... …
2019/06/10 20:46  雨読夜話 ▲ top

| メイン |