FC2ブログ
『椰子・椰子』
- 2019/05/19(Sun) -
川上弘美 『椰子・椰子』(新潮文庫)、読了。

ブックオフの50円ワゴンにあったので、
内容は特に確認せず、「川上弘美が50円だー!」という、それだけで買ってきました。
そして、特に考えずに、「さっくっと読めそうなものを・・・・」と思って手に取ったのですが、
図らずも、川上弘美2連発となりました。

でも、正直なところ、途中まで、川上弘美2連発になっていることを気付いていませんでした。
それほど、作品のタッチが別物だったので。
『真鶴』が情念の世界なら、『椰子・椰子』は観念の世界。
いきなり冒頭に、モグラと一緒に写真を撮っちゃったりしてるのですが、
「あれ?動物界の擬人話法??」とか悩む暇もなく、
隣にはランドセルを背負ったもぐら(らしき)すらっとした生物のイラストが。
もう、ぶっ飛んでます。

モグラとの日常生活の話なのかと思いきや、
次の日には原っぱに怪物が住み着いたという話になり、
「ランドセルを背負ったモグラは怪物じゃないのか!?」と突っ込もうと思ったけど、
次から次へと異次元の話が出てきて、
しかも各エピソードが繋がってたり、ぶっ飛んでたりで、
なんとも捉えどころのない物語です。

でも、空気感がポップだから、
不快な感じや不穏な感じを覚えずに、読み進めていきことができます。

真鶴での不倫話とは、ぜーんぜん違う世界観で、
これが同じ作者から生まれてきたのか!とビックリ。

タイトルの「椰子・椰子」は、著者のお子様が幼かったときに
「おやすみなさい」がうまく言えずに「やし、やし」になっていたというエピソードから。
あぁ、夢の中の世界なのか・・・・と、ようやく納得。

あとがきに行くまで、「夢の中の話を描いている」ということすら思い至らなような
独特の世界観が出来上がってました。
私的には、『真鶴』より面白かったです。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  川上弘美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ブログ論壇の誕生』 | メイン | 『真鶴』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5894-b8a3dcad
| メイン |