FC2ブログ
『ああ面白かったと言って死にたい』
- 2019/05/12(Sun) -
佐藤愛子 『ああ面白かったと言って死にたい』(海竜社)、読了。

徳ちゃんがラジオで何回か取り上げている作家さんだったので
ブックオフの50円ワゴンに入っていた本作を買ってみました。

私自身、過去に一冊しか著作を読んでいないので
どうというイメージが固まっていない作家さんです。

「箴言集」は、これまで何冊か読んだことがありますが、
「もっとまとまった文章で読みたい!」と、消化不良感で終わってしまうことが多く
相性が良くないジャンルだったのですが、
本作は素直に読めました。

多分、著者に対するイメージがない状態で読んだので、
その文章をすんなり読めたのかなと思います。

最初の印象は、読みやすいメリハリのある日本語を書く人だなということ。
数行の文章でも、すっと意味が通って、腑に落ちる感じです。
結局、「もっとまとまった文章で読みたい!」とは思ったのですが(笑)、
言いたいことはスッキリ伝わってきたので、消化不良感は少なめでした。

著者の人生観というか、判断基準は、結構クールで
「世の中こんなもんだから文句言ったってしょうがないじゃない」と
受け止めているような印象を受けました。
自分にも他人にも厳しいような。
でも、潔さを感じる厳しさのような気がします。

一度きちんとエッセイを読んでみたいなと思います。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『哀しい予感』 | メイン | 『シアター!2』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5888-88927c86
| メイン |