FC2ブログ
『シアター!2』
- 2019/05/11(Sat) -
有川浩 『シアター!2』(メディアワークス文庫)、読了。

『シアター!』の続編です。

『シアター!』のあらすじというか設定とエンディングは覚えていたのですが、
具体的にどんな作品構成だったか忘れちゃってました(苦笑)。
債権者の司が鉄血宰相だったイメージはあったのですが、
劇団員の面々が、意外と印象に残ってなかった感じ。

続編では、劇団員1人1人(特に脇役メンバー)が主人公になる連作形式で
(もしかすると前作も連作形式だったのかもしれませんが、忘れた・・・・苦笑)
それぞれがどういう思いで劇団シアターフラッグに関わっているかが分かるので
読んでいて面白かったです。

それぞれの生計がほぼ成り立っていないという時点で
甘い人生だなぁとは思ってしまいますが、
それでも新しい作品を世に生み出すエネルギーは凄いなと思います。

それぞれが悩み苦しみ、それを乗り越えていく姿は清々しく読みました。
そして、やっぱり私にとってキーマンは司です。
演劇界という、そもそも産業として未熟というか
個々のプレイヤーの犠牲の上に成り立っている世界において、
損益管理とか契約管理とかの司の徹底したビジネス管理の手法や思考回路が
ある種、ビジネスマンとして勉強になります。
判断が早いのも、判断がブレないもの、素晴らしいプロデューサーぶりです。

司の言葉は、冷たいですが、芯が通っているので
真正面から言われた劇団員たちも、受け入れざるを得ないというか
最後は納得して腑に落ちているように思います。
こういう言葉力を持っている人物というのは、憧れます。
結構、ノートに書きだしたセリフがありました。

ちょっとスズと千歳の話は、2人とも子供過ぎて、ちょっと引いてしまいました。
ここまで強情を張り合ってどうやってオチを付けるのだろうかとハラハラしたのですが、
最後はうまーく丸めて劇団のエネルギーにもなっていて、さすが有川作品。

第3弾で話は完了したのかな?
早く100円で見つけて読まねば!




にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
この記事のURL |  有川浩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ああ面白かったと言って死にたい』 | メイン | 『日本人であるということ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5887-ea7d2355
| メイン |