FC2ブログ
『クリコフの思い出』
- 2007/05/27(Sun) -
陳舜臣 『クリコフの思い出』(新潮文庫)、読了。

「ミステリー8篇」と銘打ってますが、
神戸の華僑社会を舞台に「私」が語り手である作品が多いので、
通常のミステリーでは「冷静さ」「客観性」を感じるのですが、
本作では虚実入り混じった「近さ」に惑わされました。

作品内で時代が前後することが多く、
ちょっと読み慣れない部分もあったのですが、
登場人物の多様さで興味深く読むことができました。
ウイグル自治区からゾロアスター教まで出てくる幅の広さは、
この作家さんならではの面白さだと思います。

ストーリー展開としては、
「実は『あの人』が『この人』だった!」パターンが幾つか続いたので、
後半は少々食傷気味でした。

クリコフの思い出
クリコフの思い出陳 舜臣

新潮社 1989-01
売り上げランキング : 1129507


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  陳舜臣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『目黒警察署物語』 | メイン | 『アイ、ロボット』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/588-85327d75
| メイン |