FC2ブログ
『飛ぶ教室』
- 2019/04/20(Sat) -
ケストナー 『飛ぶ教室』(光文社古典新訳文庫)、通読。

前から読みたいと思っていた作品だったのですが、
あんまり頭に内容が入ってこなくて、ざっと眺めただけのようになってしまいました。

寄宿舎生活をする少年たちの話ということで
キラキラした青春モノを想像していたのですが、
なんだか平板な物語が展開されていっているような印象で
ちょっと退屈に感じてしまいました。

登場してくる大人たちは魅力的なように見えたのですが、
彼らを表現する文章がなんだか単調で・・・・。

ケストナーの作風に私が合わないのかなと思って読み終えたのですが、
最後の訳者の文章を読んで、やたら自分の訳の意図について自信満々に書いているので、
これは、翻訳者の作風が私には合わなかったのかなと思い直しました。

Amazonのレビューを見ていると、いろんな方が翻訳されているようなので
他の翻訳なら面白みが分かるのかもしれませんね。




にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ポジショントーク未来予測法』 | メイン | 『国家は僕らをまもらない』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5869-4b4e2f21
| メイン |