FC2ブログ
『夢見る黄金地球儀』
- 2019/04/07(Sun) -
海堂尊 『夢見る黄金地球儀』(創元推理文庫)、読了。

バチスタシリーズとは違う作品を読むのは初めてです。
実家の町工場の跡継ぎは、もともとは物理学者になる夢を持っていた男。
それが途中で挫折し、家を継いだら技術者としての父親の壁も超えられず、
営業マンとしての力も中途半端な状態。
そんな男の前に、8年ぶりに悪友が現れ、「ふるさと創生1億円」で作られた黄金の地球儀を
盗み出してしまおうともちかけられた・・・・・

舞台設定はすごく面白いと思いました。
自身には物理の知恵があり、また自宅の工場には様々な工作機械(しかもユニークな)があり、
悪友は常識にとらわれない剽軽なヤツで、そんな面々で立ち向かう相手が
「ふるさと創生1億円」という(笑)。

竹下政権の時は、私は小学生でしたが、
我が町では、1億円を使ってからくり時計を製作し、私の通学路でもある市役所前広場に
ドーンと鎮座しており、時間が来るとチリンチリン音楽が鳴ってました。
「すごーい!」と思ったのは最初の1週間ぐらいで、その後は、ただの時計としか思えませんでした。
今も建ってますが、動いているのかしら?

まぁ、そいう過去の遺物をテーマにするのですから、
行政側の思惑も重なって、出だしは面白かったんですよね。

でも、肝心の盗み出しの場面になると、
なんとも緊張感がないのが気になってしまいました。
ドタバタコメディとして笑わせるにしても、ボケの部分以外に緊張感があるからこそ
緩急がついて笑えると思うんですよね。
バチスタシリーズには、緩急が上手くついていたと思うのに、本作は残念でした。

アイという人物に、プロフェッショナルさが全く感じられなかったのがその原因かな。
遊びで参加するにしても、目標に対して自分の役割を心構えるプロフェッショナルさが
やっぱり必要だと思います。
それがないと、小説として締まらないなぁ。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  海堂尊 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『木のこえ花のうた』 | メイン | 『PRESIDENT WOMAN プレミア 2019年春号』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5860-30fdb246
| メイン |