FC2ブログ
『価格、品質、広告で勝負していたら、お金がいくらあっても足りませんよ』
- 2019/03/18(Mon) -
川上徹也 『価格、品質、広告で勝負していたら、お金がいくらあっても足りませんよ』
                           (クロスメディア・パブリッシング)、読了。

タイトルを見て、「そう!その通りだ!」と思って買ってきたのですが、
では、「価格競争」「品質競争」「広告競争」ではなく、何でライバルに勝つのかというと
「ストーリーだ!」ということで、「あぁ、今更『ストーリー論』か・・・・・」と興味を失ってしまいました。

私の中で「ストーリーの重要さ」を語った本は楠木先生の本まで遡り、
ストーリーの重要さについては、この本で語り尽くされてるんじゃないかなと思ってます。
今や、猫も杓子も「ストーリーが大事だ!」と言っているような感じで、
すでに「ストーリー」という概念さえ、ストーリー性を失っているというか、溢れかえってる感じです。

本作では具体的にストーリーを活用した事例というものが数件紹介されていますが、
良く知られている事例が多いうえに、
よくよく考えると「これって、ストーリーに関する成功事例なの?」と疑問を覚えるものもあり、
なんだか、「ストーリー」という言葉に無理やり収斂させているような感じも。

個人的には、「価格競争」「品質競争」「広告競争」に対する本質的概念として
「誠意」「スピード」「笑顔」みたいな、人間の本質に通じるようなポイントで
ビジネスの成功哲学を語ったものを読みたかったなという感じです。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『カイシャデイズ』 | メイン | 『チヨ子』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5846-5999ba85
| メイン |