FC2ブログ
『ガーディアン』
- 2019/03/08(Fri) -
石持浅海 『ガーディアン』(光文社文庫)、読了。

幼い頃に父を病気で亡くした少女には、
少女が「ガーディアン」と呼ぶ不思議な力が働いており、
少女に害を与えようとする人間がいると、その加害者に攻撃をしかけて排除する。

設定は非常にSFチックというか、非現実的なものなので、
普段の自分なら引いてしまう可能性が高いのですが、
なぜか本作は面白く読めました。

この「ガーディアン」という存在そのものを主役にしたSFファンタジー作品ではなく、
前半は、そういう設定を生かした推理もの、後半はアクションサスペンスに仕上がっていて
それぞれに配置された謎や危機的状況をどう克服するかという点に軸を置いて
読むことができたからかなと思います。

あぁ、引っかかるところは多々ありましたよ。
例えば、いい年した大人達が「ガーディアン」の存在を素直に受け入れていることや、
受け入れた後も主人公との人間関係を基本的に維持しているところなど、
「こんな変なことが起こってるのに、良く付き合えるなぁ」と思ってしまいます。

前半では、とある企業の業務改善プロジェクトチームに招集された主人公が
チームメンバーと帰宅途中に、メンバーの一人が階段から転落死。
事故か自殺かでみんなが推理を働かせる中、主人公はガーディアンのせいだと思い、
亡くなったメンバーがなぜ自分に危害を加えようとしたのか悩みます。

石持作品なので、当然のことながら悩む姿が理屈っぽいですが、
まぁ、でも、当人としては悩むわなぁと共感できました。
ただ、真相については、ちょっと捻り過ぎじゃないの?という、いつもの石持作品への感想。

後半は、この少女の娘が主人公。
母と同じく「ガーディアン」に護られています。

で、遭遇するのはテロ資金を調達するために銀行強盗をしでかした一団。
逃走中の車両トラブルで郵便局に逃げ込み、そこに居合わせた少女ら客と職員が
立てこもりの人質となってしまいます。

ここで、少女と銀行強盗たちとの知恵比べになるのですが、
少女は「ガーディアン」の力を使って状況を好転させようと無暗な行動をするのではなく、
あくまで1人の人質として冷静に事態に立ち向かおうとします。
このキャラクターに好感を持ちました。

強盗側にも1人冷静な人物がいて、
こういう危機的状況でも冷静に観察して分析し行動できる人間になりたいなと思います。
テロリスト稼業には興味ないですが。

石持作品には、時々こういう変化球の作品があるので、
結局、文句言いながらも読んじゃうんですよね~。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  石持浅海 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『君は、奇跡を起こす準備ができているか。』 | メイン | 浅草演芸ホール 3月上席 昼~夜の部>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5839-c66fdff3
| メイン |