FC2ブログ
浅草演芸ホール 3月上席 昼~夜の部
- 2019/03/07(Thu) -
またまた寄席に行ってきました~。
超お久しぶりの浅草です。
浅草演芸ホールって、他の寄席よりもお客さんの出入りが激しいような印象を持っていて
なんだか落ち着きがないので、ちょっと足が遠のいていました。

さて、昼の部の最初の噺が終わったところで入場。
まずは、林家久蔵さん。この日は林家木久扇一門がたくさん出ていたので、
木久扇師匠をネタにした枕を何度か聞きましたが、
特に思い入れのない落語家さんの話を聞いても、内輪受け感が強くてあまり笑えず。
噺は何だったかな?「殿様の将棋」??

マジックはダーク広和さん。
こじんまりとした紐マジックでした。

三遊亭青森さんは、この前の鈴本でお初にお目にかかりまして、
バカバカしいシャンプーとリンスの恋話に大笑いしたのですが、
今回は、古典の「普段の袴」でした。
二つ目さんなのに堂々と演じるところはやっぱり凄いと思いましたが、
新作落語を期待していたので、ちょっと肩透かし。

続いて、三遊亭歌武蔵さん。初めて新作落語を聞きましたが、
「目の調子が悪くて眼医者に行ったら目玉を刳り抜かれて塩素で洗われる」という
何ともスプラッターな内容でビックリ。ちょっと心の闇を感じましたわ。

ギター漫談のぺぺ桜井さんは、たぶん2回目なのですが、
こんなに言葉が聞き取りにくかったかな?という感想です。

林家たけ平さんは、「大師の杵」。
初めて聞く噺だったのですが、川崎大師の縁起についての内容だったので、
「え、どこまでホント?」と興味津々で聞いていたのですが、後で調べたら全く嘘なのですね(笑)。

さて、ここで本日のお待ちかね、三遊亭圓丈師匠です。
ちょっとお歳を召しちゃったなぁ・・・・と思ってしまいましたが、
「新寿限無」が始まったら、一気に子供の名前をまくしたてるくだりなんぞ、さすがですね。

漫才は、すず風にゃん子・金魚さん。
ダンスを軸にしたネタなので、にゃん子さん途中から息が上がってます(苦笑)。
でも、踊りまくって、ゴリラの物まねでも舞台上を駆け巡った金魚さん、
10歳近く年上だろうに、あの軽やかな動きはすごいわ。
お客さんとの掛け合いも面白かったです。

林家彦いちさんは、新作落語の「にらみ合い」。
この方の落語は、天どんさんの真打昇進披露の時に聞いているのですが、
やっぱり圓丈一門、好きだなぁと思わせてくれる方です。
電車中で出会ったちょっと変な人たちとの一触即発の状況を描いているのですが、
場面の切り替わりのブリッジ的なところは、圓丈師匠の「悲しみは埼玉へ向けて」みたいで
独特の世界観ができあがってました。今後も要チェックの噺家さんですね。

春風亭一朝さんは「転失気」。
和尚さんの知ったかぶりを、小僧がバカにするという構成は、
落語の王道でありながらも、やっぱり面白いですね。

紙切りは林家正楽さん。
ミッキーマウスの繊細な線が見事でした。ミッキースマイルも最高。
そして、お囃子でミッキーマウスマーチが流れるとは、すごい!

桂文楽さんは、「六尺棒」。
お勝手の戸越しにやりとりされる道楽息子と怒れる父親の会話が面白かったです。

鈴々舎馬風さんは、お初にお目にかかりましたが、
落語ではなく、小話というか、枕?で終わってしまいました。
小話も面白かったですが、やっぱり噺が聞いてみたかったなぁ。

仲入り後は、春風亭三朝さんで「子ほめ」。
休憩明けで聞く側の集中力が途切れてしまったのか、あまり印象が残ってません。
すみません。

ロケット団の漫才は初めて聞きましたが、スピード感と安定感があって
とっても安心して笑える感じでした。

林家木久蔵さんですが、木久扇一門の掟でしょうか、ましてや息子さんですから、
もちろんネタにしております。いい加減、くどいですな。
噺は「勘定板」。尾籠な話ですが、東北もんの方言の伸びやかさと相まって
とっても笑えるお話になってます。
噺が面白かったので、なおさら父親ネタは要らないかと・・・・・。

橘家圓太郎さんは「親子酒」。
酒飲みの親父さんの奥さんに酒をねだる様子が可笑しかったです。

曲ごまの三増紋之助さんはお初でしたが、
お歳の割には若々しいというか初々しい感じでネタを見せる演出なのですね。

トリは林家ひろ木さんで「熊の皮」。
ちょっとタドタドシイ印象を受けてしまったのですが、そういう芸風なんですかね。
最後に津軽三味線を披露されてましたが、寄席って、自由なんですね。

さて、そのまま夜の部に突入。
まずは、林家きよひこさんで「狸の札」。
登場した時、「中学生?」って思ってしまうほど、若いというか幼い印象でした。
でも、演じる声は堂々としたハリのあるお声でした。
一体、おいくつの方なのでしょうか?

古今亭志ん松さんは「ざる屋」、そして、古今亭志ん輔さんは「宮戸川」。
このあたりからさすがに集中力が切れかかってきました。

そこまでして夜の部に残ったのは、米粒写経を見たかったから。
Youtube番組の『虎ノ門ニュース』で、居島さんのことはよく見ていたので、
本業の方も見てみたいなと思っていました。
ネタは、『虎の門ニュース』でも垣間見せる歴史好きとか、マニアック情報とか混ぜつつ、
大きなツッコミでぶっ叩くというものでした。
私はどちらかというと細やかな芸が好きなので、好みの王道ではありませんでしたが、
普段よく画面で見ている芸人さんを生で見られて思い出になりました。




関連記事
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ガーディアン』 | メイン | 『イスラーム国の衝撃』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5837-d17038ed
| メイン |