FC2ブログ
『禁猟区』
- 2019/03/02(Sat) -
乃南アサ 『禁猟区』(新潮文庫)、読了。

乃南作品の警察モノ短編集。
まともな警察モノは一作しか読んだことがありませんが、
その時の、女性刑事が抱えている重たい雰囲気が本作の一話目にもあって、
「乃南作品との出会いってこんな感じだったな」と懐かしく思いました。

警察モノと言いながら、テーマは「監察」。
警察組織内部での不適切行為を取り締まる話です。

一話目は、ホストクラブに溺れてしまうベテラン女性刑事を主人公に据えて、
ホストにどうやって金を巻き上げられているか、その金をどうやって調達しているかを
じっとりとした描写で書いていきます。
客観的な読者の目線で見ると「バカだなぁ」の一言で終わってしまうのですが、
こういう状態に陥っている人、結構いるんだろうなぁと憂鬱な気持ちになります。

この一話目では、監察の人間はチラリとしか登場してきませんが、
二話目以降は、監察の若手女性刑事が主人公となります。
このあたりの構成はうまいなぁと思いました。

ただ、一話目でのチラ見せでは、優秀な女刑事のような印象だったのに、
二話目以降ガッツリ出てくるようになると、どうも仕事ぶりが不安定な若手刑事
かつ甘えが垣間見えちゃってるような女性要素も強くなって、
「あれ?キャラ変??」と、少し混乱しました。

観察対象になった警察官は、
ホスト狂い、クスリ転売、マスコミへの情報漏洩、ストーカーと、
「警察官として、それはどうなのよ?」と思ってしまうものばかりでしたが、
でも、それぞれの警察官のバックボーンがしっかり描かれていて、
話に説得力がありました。組織が大きければ、こんな人も出てきちゃうかなと。

警察官を監視する監察という、特殊な組織の目線でストーリーが進むので、
最近たくさんある警察モノですが、新鮮な気持ちで読めました。

監察チームのメンバーの描写があまりなかったので、
続編があったら、もっと他の観察メンバーにスポットを当てた作品を読んでみたいです。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  乃南アサ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『好きになる人間性物学』 | メイン | 『会社の税金あなたは払い過ぎ!』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5834-45fab33a
| メイン |