FC2ブログ
『深夜特急2』
- 2019/02/25(Mon) -
沢木耕太郎 『深夜特急2』(新潮文庫)、読了。

第1巻を読んでから6年以上経ってしまっており
「どんな経緯で旅に出たんだっけ・・・・?」と、あやふやな記憶での読書となりましたが、
本作ではバンコクからシンガポールまでの旅が綴られています。

途中、「デリーからロンドンまでのバスの旅」という表現が出てきて、
あぁ、そうだ、出発点はデリーなんだった!と思い出しましたが、
本作、全然、デリーに近づいていきません(苦笑)。

バンコクで数日過ごしたものの、香港のような興奮を感じることができず、
熱気を求めてマレーシアを下り、そしてシンガポールへと行きます。
そして、著者は、「ここはシンガポールであって、香港ではないんだ!」と気づきます。
そりゃそうだろ!ってな感じですが、最初に降り立った土地の感激みたいなものを
引きずってしまうのでしょうね。

私自身も、人生で初めての海外は香港でしたが、
その印象は強烈で、活気がある、小さいけどパワーがある、ご飯が美味しい、等々
子供心に凄い町だなと思いました。空港に降り立った時の空気感とか匂いとかも印象的でした。

その後、毎年、家族旅行で東南アジアの国々、
それこそバンコクやシンガポールに行きましたが、香港ほどの印象は残っておらず、
単なる楽しい家族旅行という思い出です。
初めて欧米地域であるカナダに言った時は、これまた大自然とともに印象に残りましたが、
その後のイギリスやフランスは、これまた楽しい家族旅行という程度の思い出です。
やっぱり、初めての文化圏に行った衝撃って、特別なのかなと。

本作では、無意識に香港を求めて彷徨っていた著者が、最後にその虚しさに気づくのですが、
私の目には、どの町も魅力的に見えました。
東南アジア圏は、著者が行っているような地域は
正直私には衛生面が気になって入っていけないようには思いますが、
その根底にある文化というか、初対面同士の人間が作り上げる人間関係というか信頼関係というか
そのあたりは日本人と近い感覚なのかなと思います。
どの国の人も根っこの部分では親切ですよね。

インドあたりまで行ってしまうと、私には想像がつかない地域なので
偏見もあるかとは思いますが、初対面での信頼関係って、恐々築いていくようなイメージです。

この後、旅はインドに近づいていくと思うので、
私にとっても未知の世界が広がるワクワク感があります。

早く第3巻をブックオフで見つけないと!




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  沢木耕太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ザ・エージェント』 | メイン | 『新幹線お掃除の天使たち』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5825-905c3331
| メイン |