FC2ブログ
『僕がアップルで学んだこと』
- 2019/02/23(Sat) -
松井博 『僕がアップルで学んだこと』(アスキー新書)、読了。

アップル日本法人をスタートに、アップル本社でも働いたという著者が
アップル時代を振り返って書く、サラリーマンの心得。

スティーブ・ジョブズが神格化されてしまった今、
アップルの社風とか持ち上げられている感があるのですが、
超ブラック企業ですよね(爆)。

わたくし、以前、アップルの方々とお仕事したことがあるのですが、
よくまぁ、こんなに働けるなぁと思うほどの労働時間、ハードワーク。
それで、厳しい要求にきちんと答えていく能力が凄いと思いました。

そんなアップルも、ジョブズ復帰前はダメダメ企業だったわけですし、
復帰後もジョブズの恐怖政治があったわけで、必ずしも良い企業かというと
そうではないと思います。

著者は、中に居たとはいえ、結構、辛辣にアップル社を見ていると思います。
ジョブズ前のダメなところはダメだと書き、ジョブズの統治方法は恐怖政治と書いています。
それでいて、どうやってダメダメな状況から世界を牽引する企業に復活したか
そのあたりを、製品とか技術とかに依らず、
組織論的な部分でわかりやすく解説しており、勉強になりました。

アップル社のことを包み隠さず、日本人的な目で見ているだけでなく、
自分自身のことも、アップル社をレイオフされたと素直に書いており、
隠したり誤魔化したりしないところが誠実だなと感じました。

本作はちょっとお上品にまとまってしまった感もあるので、
もっとゴリゴリのアップルの社風に迫ったレポートも読んでみたいなと思いました。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  スティーブ・ジョブズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『新幹線お掃除の天使たち』 | メイン | 『手書きPOPの技とコツ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5824-fdcd8482
| メイン |