FC2ブログ
『戦争を知らない戦後50年』
- 2019/01/14(Mon) -
毎日ムック 『戦争を知らない戦後50年』(毎日新聞社)、閲覧。

近所の家の掃除を手伝った際に出てきて、もらってきた本。

敗戦の1945年から1994年までの50年間について
各年度を4ページずつの写真と年表で解説しています。

てっきり新聞紙面に掲載された写真が使われているのだと思っていたのですが、
死体の写真も平然と出てきて、結構ショッキングな内容でした。

戦後の歴史を表現しているかという点では、
死体の写真もそうですが、事件写真に重きが置かれているような気がして、
スキャンダル重視、センセーショナルさ重視という印象です。
写真が持つインパクトを最大限利用したという感じでしょうか。
政治ネタがほとんど出てこなかったので、50年という時間における
日本の軸の部分が見えてこなくて、中途半端な印象を受けました。

自分が生まれた年以降のページは特に関心を持ってみましたが、
まだ子供だった時代なので、あんまり実感がなく、ピンと来ませんでした。
私が子供心に社会の重さを感じた出来事は、
日航機墜落事故、昭和天皇崩御、オウム麻原逮捕の3つです。
前者2つは大きく掲載されていましたが、
私の側に思い入れがある分、数枚の写真だけでは不満足に思ってしまいました。

自分が生まれる前の時代については、大きな出来事しか知りませんが、
特に事件ネタに寄っている印象のためか、知らない事件が目に留まりました。
梅川事件とか、はじまりは銀行強盗なのかもしれませんが、これはもう猟奇事件ですよね。
この事件のこと、全く知りませんでした。
日本の犯罪は凶悪化しているとか治安が悪くなってるとか言われますけど、
昔から不気味な事件は起きてたってことですよね。
ほんと犯人のモノの考え方が気持ち悪いです。

というわけで、なんだか見てて気分が滅入る本でした。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  毎日新聞社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ブームの社会現象学』 | メイン | 『ロスジェネの逆襲』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5789-8cd59c0d
| メイン |