FC2ブログ
『ばかもの』
- 2019/01/11(Fri) -
絲山秋子 『ばかもの』(新潮文庫)、読了。

薄い本だったので軽い気持ちで手に取ったのですが、
冒頭から延々と続く性描写のシーンに、
「おーぃ、いつになったら終わるんだよぉ」と気分ぐったり。
自分には苦手なジャンルでした。

その後、この相手に酷い振られ方をして、
就職、新恋人と新たな人生が開けますが、
同僚からの「酒癖が悪い」の一言から躓きが可視化され、
気付いたら全ての物事がどうにもならない事態に陥ってしまっていたという状況。
そこで向かったのはアルコール。
これでまた、延々とアルコール依存症の描写となります。
うわー、これも苦手・・・・。

ここまで苦手意識が持てるということは、
文章描写が凄いということの裏返しだと思うのですが、
それを乗り越えてまで共感できる作品ではなかったです。

こういう転落型の物語って、読んでいる自分自身も
「もしかしたら何かのきっかけで自分もこんな事態に陥るかもしれない」という
恐怖や不安を感じることが多いのですが、
本作は、冒頭のシーンで既に主人公は年上の女性に溺れていて、
ある意味、転落が始まっているところから物語がスタートしたので
人情に薄い(苦笑)自分としては、共感が持てなかったのかと思います。

主人公が、アル中の自分を恥ずかしいと認識し、
立ち直るように前向きな目標を立ててからは、
主人公の性格も一変したような感じで、
また、その後に再会した元・恋人も、昔の粗暴な感じが消えてて
逆に純粋さを感じるような人間になっていたので、
終盤は微笑ましく読むことができました。
でも、微笑ましい日常を手に入れるまでに、お互いが失ったものは甚大ですが。

もともと登場人物が少なかったので、
主人公がアル中になってから、周囲の人たちが離れていく、逃げていくというような描写は
あまり詳細には書かれませんでしたが、同僚の加藤の反応を見て、
彼は優しいなと思ってしまいました。

それと、同級生の女の子のネユキ。
東京に行ってから、なんとまあ!な人生の転換を迎えていましたが、
私には、彼女の転落ぶりが一番わが身に迫って怖かったです。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  絲山秋子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『愛と哀愁の皇室秘史』 | メイン | 『図書館戦争』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5785-2e541dfd
| メイン |