FC2ブログ
『社会学のまなざし』
- 2019/01/03(Thu) -
ましこひでのり 『社会学のまなざし』(三元社)、通読。

正月なので、ちょっとお勉強しようかなと、社会学の本を手に取ったのですが、
これは全然頭に入ってきませんでした。

そもそも文章が凄く読みづらいです。
「え、こんな言葉で学生に向けて語りかけてるの?」というぐらい
自分本位な文章のように感じてしまいました。

内容も、様々な社会学者の著作の切り貼りで著者の言いたいことが分かりにくいです。
何より、切り貼りしている部分が短すぎて、要領を得ません。
社会学の主な学説を知っている人じゃないと、何を言っているのか分からないのではないでしょうか。

これは、正月早々ハズレでした。

もう一冊、同じ著者の本が積読になってるのですが、
こりゃ憂鬱だなぁ。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『寅さんの教育論』 | メイン | 『偶然の祝福』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5776-0b01ec82
| メイン |