FC2ブログ
『ブループラネット 第1集 熱帯から極地の海へ』
- 2018/12/19(Wed) -
『ブループラネット 第1集 熱帯から極地の海へ』

実家で夕食時にテレビに流れてた番組。
6回シリーズの第1回目だったようです。

NHKとBBCが共同制作したというナレーションで、
あぁ、すごい映像美が楽しめそうだな・・・・と、真剣に観ることにしました。

魚が出てくる前に、波のシーンで惹き込まれました。
なんて美しい動き何だろうかと。
海というものが持つエネルギーと、美しさと、常に変動し続けるという可変性の
全てが表現されているシーンだなと思いました。

その後、外洋、深海、サンゴ礁、海藻の森、北極海と、様々な海のシーンが
これでもかと登場してきます。

「どうやってこの映像を撮影したんだろうか?」と気になる場面もたくさん。
なのに、裏側の話は一切なしで、惜しげもなく成果物だけを見せていきます。
こりゃ、すごい覚悟だわ、と変なところで感じ入りました。
普通の番組なら、シャチとザトウクジラがニシンの群れを追いかけまわすシーンだけで
1時間番組とかにしちゃいそうですものね(苦笑)。

そういう壮大なシーンもありながら、サンゴ礁の海で、地道に珊瑚に貝をぶつけて
殻を割ろうとしている魚も出てきて、その地味な戦略が微笑ましかったです。

個人的に凄いと思ったのは、ロウニンアジがひな鳥を捕食するシーン。
ロウニンアジの存在は、前々から図鑑で知っていて、
いつかはダイビングで会いたいなと思っていましたが、
まさか、こんなにアグレッシブな食性を持った魚とは思いませんでした。
海面にいる鳥を食べるだなんて。

こんな捕食シーンを、高機能なカメラでバッチリ撮るには、
どれだけの準備と撮影期間がかかったのだろうかと思い、気が遠くなります。
一方で、各シーンを繋いでいる編集については、
「前の場面の鳥と次の場面の鳥って、同じ個体?別の映像を繋いで創作してない??」と
思えてしまったシーンもあり、そこのところ、どうなんでしょうか?

シリーズ、気になるけど、これから年末に向けて、忙しいんだぁな・・・・トホホ。




関連記事
この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『崖っぷち町役場』 | メイン | 『イッツ・オンリー・トーク』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5762-a4585125
| メイン |