FC2ブログ
『抱擁、あるいはライスに塩を』
- 2018/11/24(Sat) -
江國香織 『抱擁、あるいはライスに塩を』(集英社文庫)、読了。

不思議なタイトルのお話。
そして、登場人物たちはもっと不思議。

神谷町の大きな洋館に住む一家。
祖父母と両親と4人の兄弟姉妹、さらに叔父と叔母。
このうち長女の父親は別にいて、弟の母親も別にいるという
奇妙奇天烈な家族構成。

そんな家族1人1人、もしくは家族に縁のある人の視点から
1章ずつ、この家族のことが語られていきます。
それも、それぞれの人物の人生に大きな意味を持つ出来事を
時間を遡ったり下ったりしながら、描いていきます。

30年前に戻ったり、5年進んだり、著者の構成力に身をゆだねる感じですが、
とても良いスムーズに話は進んでいきます。
「そうそう、この人物のバックグラウンドが知りたかったのよね」とか
「この人たちの変な関係性ってどこから来てるんだろう」とか
まさに知りたかったことが次に描かれていくという心地よさ。

兄弟姉妹は、学校にも行かず、自宅で家庭教師による教育を受けており、
家庭教師はお爺ちゃん。
友達もごく限られた人しかいない状況です。
そして、突然、父の思い付きで小学校に通うことになりますが、
環境になじめず3か月でリタイア。
また家庭教師生活に戻ります。

こんなんじゃ、この4人は、社会不適合者になっちゃうよ~と
心配しながら読んでいったのですが、
家の教育方針に従って大学だけは行くことになってます。
この場合の大学とは、男子は東大で女子はお茶の水限定。

で、大学に行ってみると、友人ができ、恋人ができ、
変わった人というレッテルを貼られながらも案外、なんとかやっていけるようになり、
人間って逞しいんだなと思わずにはいられませんでした。
それとも、大学生の柔軟さというところでしょうか。

そして、家を出ていく子供たち。
家から離れられない大人たち。
対照的です。

親子3代にわたる日々が描かれていきますが、
終盤、この人の死は悲しかったです。
なんだか家の明かりが明滅してしまうかのようで。
それに合わせるかのように、稼業の貿易業が傾いてきたような描写があったり、
この家の未来に暗雲が立ち込めてきそうな予感がありながら、
物語は幕を閉じます。

火が消える最後のパッと明るくなる瞬間が、
この本で描かれた後半20年間だったのかもしれませんね。





にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  江國香織 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『お客さま!そういう理屈は通りません』 | メイン | 『トリックスター』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5744-7d4086dd
| メイン |