FC2ブログ
『若者を殺すのは誰か?』
- 2018/11/09(Fri) -
城繁幸 『若者を殺すのは誰か?』(扶桑社新書)、読了。

過激なタイトルにつられて買ってきました。

著者の本は、まだこれで2冊目なので、あまり固まった印象がなかったのですが、
最初に感じたのは、「あれ、こんなに投げ出すような文章を書く人だったっけ?」というもの。
なんだか、思ったことを書き散らかしている感じがしました。

そのせいか、最初は、この本を通して何について書こうとしているのか
なんだかつかみにくくて、困ってしまいました。

読み進めていって、著者の文体に慣れてきたころから、内容が頭に入るようになり、
ところどころ、面白い視点での投げかけがあったので、ノートに取ったり。

でも、やっぱり、誰に対して何を主張して、どのように変えようとしているのか
全体像がつかめないまま読み終わってしまい、読後感がはっきりしませんでした。
仕事で忙しいときに読んでしまったのが間違いだったのかな。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』 | メイン | 『灰谷健次郎の保育園日記』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5730-4692b90e
| メイン |