FC2ブログ
『ミート・ザ・ビート』
- 2018/10/28(Sun) -
羽田圭介 『ミート・ザ・ビート』(文春文庫)、読了。

羽田圭介とのファースト・コンタクトは失敗に終わりましたが、
積読の中に薄い本作があったので、リトライ!

・・・・・・でも、やっぱり駄目でした。
部分的に詳細な描写をするのが、著者の特徴なんですかね?
ところどころ拘りのような緻密な描写が入りますが、
読んでいて、私には、あまり緻密さの必要性が感じられませんでした。

そして、本作は、芥川賞の候補になったようですが、
うーん、どの辺が評価されたのか分からず。
19歳という繊細な年代を描いているということなのでしょうかね。

私が、車に興味がないせいかもしれません。
でも、車の要素を抜いても、主人公と友人たちの関わりに、
あまり関心を覚えませんでした。
ホストをやっているレイラが主人公で、sのビジネス手腕を描いた作品だったら
もっと関心を持てたような気がします。

ところで、レイラって、女性名じゃないの?




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『明日の不安を消すにはどうすればいいか?』 | メイン | 『なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5722-122ff5cd
| メイン |