FC2ブログ
『心の力』
- 2018/10/24(Wed) -
姜尚中 『心の力』(集英社新書)、通読。

近所のおっちゃんがくれた本。
著者の学問領域の本は面白く読めたのですが、
啓発系(?)の本は、どうも苦手です。
本作は見るからに後者なのですが、くれるというので、遠慮なく(苦笑)。

『悩む力』に引き続き、本作でも夏目漱石作品が語られ、
苦難に耐えることについて述べられています。

私も、漱石作品は好きなので、そこまでは良かったのですが、
トーマス・マンの『魔の山』も登場し、さらには、それぞれの主人公が直接対話をする
創作小説が始まってしまったら、ちょっとついていけなくなりました。

お互いの世界観を投影し合うだけだったら良かったかもしれませんが、
この2人の対話の中に「乃木希典が・・・・」とか出てきたので、
突然の生臭さに、引いてしまいました。

著者なりの熱い思いがあるのは重々承知なのですが、
熱くドロッとした状態のまま投げ出されているような感じがして、
どうも私は受け止めるのに気後れしてしまいます。
それだけ、著者の気合十分ということなのかもしれません。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  姜尚中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『売れないモノを売る技術』 | メイン | 『すべての日本人は出身県で終わる』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5719-3116ea28
| メイン |