FC2ブログ
『愚の力』
- 2018/10/21(Sun) -
大谷光真 『愚の力』(文春新書)、通読。

西本願寺の門主による本ということで買ってみましたが、
うーん、思っていたものとは違ってました。

浄土真宗の教えとか、仏に勤めるものとしての心構えとかが
書かれているのかな?と期待したのですが、
資源危機とか環境破壊とか金融不安とか
なんだか生臭い話ばかり。

僧侶が政治を語るなとまでは言いませんが、
私が僧侶に求めている話とは違いました。
僧侶には、どう考え、どう行動すべきか、指針を示してもらいたいなと。
それを自分なりに解釈した上で、社会の諸問題に向けてどう対応していくかは
個々の人間が考えれば良いことなのではないかと思います。

秋葉原での殺傷事件にも軽く触れて、
「犯人の世界はケータイの中にしかなかったのかもしれません」だなんて
お気楽なコメントしちゃってますが、事情を知りもしないで
僧侶がこんな風に評価しちゃってよいのかしら?と思ってしまいました。

なんだか違和感を覚える本でした。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『おかみのさんま』 | メイン | 『国家は破綻する』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5716-9a7f257b
| メイン |