FC2ブログ
『国家は破綻する』
- 2018/10/20(Sat) -
藤巻健史 『国家は破綻する』(幻冬舎)、通読。

近所のおばちゃんが貸してくれました。
ごっつい本、読んでるなぁ(笑)。

元国際トレーダーの藤巻氏。
名前は知ってますが、あまり著作を読んだことがなく
私が見ているネット番組でも登場してこないので、馴染みがない方です。

読んでみると、黒田バズーカーをやったアベノミクスはハイパーインフレを引き起こすので
私は反対である!!!という意見でした。

アベノミクス発表当初からハイパーインフレを危惧する声はあったので、
著者はそういう主張をするグループの人なのかと、
その政策ポジションは分かったのですが、
しばらく読んでいったら、今は国会議員であると書かれています。
自民党でこの主張はないでしょうから、どこの野党かな?と思って検索したら、
なんと日本維新の会ではないですか。

維新って、「ゆ党」とか揶揄されているぐらい、安倍政権には肯定的ですし、
少なくともアベノミクスについては基本的に賛成しているイメージがあります。
すると、著者は党の方針に反してアベノミクスに反対しているのでしょうか?

国会議員という立場がありながら、党の方針には言及せずに
自分の主義主張だけを言い立てるというのは、
あまりにも政治センスが無さすぎます。
その点にガッカリ。

著者が今やるべきことは、評論家的に個人の主張をすることではなく、
維新の会の1議員として、国政の場で意見を言うべきであり、
党と意見が違うなら、党に対して意見を言って党の意見を変えさせるように努力するか
離党するかではないでしょうか。
離党できないなら、党の方針には従うべきではないでしょうか。

本作の内容は、相変わらず金融政策オンチの私の頭には入ってきませんでしたが(苦笑)、
政治センスのなさにガッカリした読書でした。

途中挟まれるコラムは、息抜きになって面白かったです。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『愚の力』 | メイン | 『水声』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5715-3e7e71d4
| メイン |