FC2ブログ
『陽気なギャングの日常と襲撃』
- 2018/10/09(Tue) -
伊坂幸太郎 『陽気なギャングの日常と襲撃』(祥伝社文庫)、読了。

『陽気なギャングが地球を回す』の続編。
前作を読んだのがかなり前だったので、ギャング団の面々のことを忘れてしまっており、
最初、短編が続くので、「どの人がギャングなんだっけ?」と想像しながらの読書に。

で、各短編で、それっぽい人物(苦笑)が脇役で登場してくるものの、
アクションシーンで活躍するわけではなく
どちらかというと安楽椅子探偵的な活躍だったので、
「あれ、こんな静的なキャラクターだっけ?」と思ってしまいました。

が、そこは伊坂作品。
前半は4つの短編でしたが、
中盤に4人のギャングが集結し、再び銀行強盗。
そして、そこで新たな事件が勃発!

そして、物語の視点は、ギャング団4人のそれぞれに移り、
まさにギャングが物語を動かしていく流れになります。

こりゃまた、複雑な構成にしたのね・・・・と思っていたら、
あとがきによると、最初は短編8つで終わらせる予定だったらしいです。
しかし、4つ書いたところで、1つの物語に収斂させようと構想が変わり、
そこから、この構成に持ち込んだのだとか。

当初の短編4つを手直ししたとは言え、
1つにまとめてしまうのは、相当な力技!
実行できてしまうのは、さすが伊坂幸太郎ですね。

でも、やっぱり脇役で華を添えるギャングよりも、
自分たちが世界を回しているギャング達の方が、読んでいてスカッとします。
それでこそ、響野のおしゃべりや、成瀬の冷徹さや、雪子のドライビングテクニックや
久遠のスリの技術が活きてくるというものです。

さらに続編もあるようなので、楽しみです。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  伊坂幸太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『大阪維新で日本は変わる!?』 | メイン | 『骨は珊瑚、眼は真珠』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5707-8f0f10f0
| メイン |