FC2ブログ
『日本・英・仏』
- 2018/09/20(Thu) -
伊東恒久 『日本・英・仏』(祥伝社ノンブック)、読了。

タイトルは国の名前を羅列しただけのように見えますが、
ルビが振られていて「とんち・ユーモア・エスプリ」となっています。
それぞれのお国柄に根付いた洒落のありようを解説した本です。

最初、お堅い文章から入ったので、
「あれ?これ、ジョーク集じゃないの??」とビビりましたが、
ひと語り終わったら、ちゃんとジョーク紹介が始まったのでほっと安心。

英国のユーモアは、知性で相手を一刀両断するものであり、
仏国のエスプリは、軽妙で洒脱な機知、
そして日本のとんちは、相手に対する思いやりをベースにした機知、だそうです。

たしかに、この整理は、それぞれの国民性を上手く表しているように思います。
一方で、この「とんち・ユーモア・エスプリ」という括りにちょっと拘り過ぎている感じも
受けてしまいました。

ジョークは、あんまり面倒くさいこと言わずに
「あはは」と笑えるものが良いですね。


日本・英・仏―笑いにおける国民性の比較研究 (1978年) (ノン・ブック)日本・英・仏―笑いにおける国民性の比較研究 (1978年) (ノン・ブック)
伊東 恒久

祥伝社 1978-05
売り上げランキング : 1956919

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『とりつくしま』 | メイン | 『悪党』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5688-3f11370c
| メイン |