FC2ブログ
『じごくのそうべえ』
- 2018/09/17(Mon) -
たじまゆきひこ 『じごくのそうべえ』(童心社)、読了。

地元の使われていない古い公民館を取り壊すことになり、
備品などが廃棄処分されるということで、
本棚の本をとりあえず全部もらってきました(笑)。
これから整理して、コミュニティスペースの本棚行きと、私の本棚行きと
古本屋行きとに分けたいと思います。

その本の中で、一冊だけ絵本がありました。
「桂米朝・上方落語・地獄八景より」という添え書きがあるので、
原作は落語なのかな?

軽業師が興行中に転落し、あの世へ行ってしまうのですが、
「ひやひやさせ観客の命を地締めた」と地獄に落とされ、
地獄の鬼たちとひと騒動・・・・というお話。

同じタイミングで死んだ医者とか山伏とかと協力して鬼に立ち向かうのですが、
歯を抜いたり、下痢をさせたり、おならさせたり、
まぁ、子供たちが好きそうな下の話が多いです(苦笑)。
きっと読み聞かせしてもらった子供たちは大笑いでしょう。

出てくる鬼たちも表情がユーモラスで、
そんな鬼たちの間で、そうべえ達が時に右往左往し、時に勇気を持って立ち向かいます。
この躍動感も描かれていて、素晴らしい。

子供たちは、ユーモアに笑いながらも、
一生懸命に地獄の画を見て、地獄は怖い、落とされないように気を付けようと
心に思うのではないでしょうかね。

素敵な絵本だと思いました。
コミュニティの本棚行き決定!


じごくのそうべえ (童心社の絵本)
じごくのそうべえ (童心社の絵本)たじま ゆきひこ

童心社 1978-05-01
売り上げランキング : 9360


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『スルメを見てイカがわかるか!』 | メイン | 『カイシャを辞めて就く仕事』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5686-a227f069
| メイン |