FC2ブログ
『アントマン』
- 2018/09/08(Sat) -
『アントマン』

TV放送後のTwitterでトレンド入りしていたので
録画していたものを見てみました。

原子間の距離を縮める技術で
モノのサイズの縮小とエネルギーの増大に成功した科学者。
しかし、それが軍事に転用されることを恐れ、秘密裏にしていたのに
助手に感づかれてしまい、武器として試作品が開発されてしまう。
それを取り戻すために呼ばれたのは、刑務所から出たばかりのコソ泥だった。

モノが小さくなる理屈は理解できるのですが、
その技術を応用したスーツを着ているだけで、中身の人間まで小さくなる理屈が
イマイチ良く分かりませんでしたが(苦笑)、そういう難しいことを考えずに
のんきに見ているには面白い映画でした。

何より、この特殊スーツを着れば、自由自在に大きくもなり小さくもなれるということで、
単に小さくなってどこかに忍び込むということだけではなく、
サイズ変化自体もアクションシーンに見事に融合されていて、
スピード感が立体的な感じで面白かったです。

そして、「アントマン」の名は、そのサイズの小ささだけでなく、
アリとコミュニケーションを取り、連係プレーを見せるという点も見どころ。
いろんな種類のアリが、その特性を使って活躍しています。
虫か嫌いな人には辛いシーンかも(笑)。

悪役として登場する助手だった男は、今や師匠を会社から追い出し
自分が経営者として辣腕をふるっているわけですが、
特殊スーツを巡っての師匠との闘いにおける判断力は
なんだか凡経営者のレベルでした。
スーツで大きくなったり小さくなったりして、脳に支障が出てたか!?

個人的に好きだったのは、主人公の娘。
冴えないダメ親父を素直に信頼し、母親の再婚相手には冷たい態度。
不気味な人形を気に入り、でかいアリが登場しても物おじしない。
そしてパンチのある一言を、可愛らしい顔から発する。
かなりキュートな存在でした。

続編を作る気満々の終わり方でしたが、既に出来てるみたいですね。
またTV放送があったら、見てみようかな。


アントマン 3D [Blu-ray] (2016)アントマン 3D [Blu-ray] (2016)
ポール・ラッド

ディズニー 2016
売り上げランキング : 11501

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  マイケル・ダグラス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『その数学が戦略を決める』 | メイン | 『メアリと魔法の花』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5678-c568c1e0
| メイン |