FC2ブログ
『死刑長寿』
- 2018/09/06(Thu) -
野坂昭如 『死刑長寿』(文春文庫)、読了。

タイトルから、「どんな物語だ?」と思って買ってきた本。
短編集です。

冒頭作は「エレクションテスト」。
経済が行き詰まり、高齢化と少子化により将来の見通しも暗い日本、
そんな状況を打開すべく、不人気首相が採った政策は、
65歳を超えた男性全員に性的能力テストを行い、合否をつけるというもの。
不合格になると様々な権利が剥奪されたり、負担が増えたり、
つまりは「お荷物だ」と国家から烙印を押されることに。

嫌味たっぷり、下ネタも盛り込みながら、社会批判。
高齢のおばあちゃんは活力も明朗さもあるけど、
おじいちゃんは社会的役立たずというぶった切り方(爆)。
出来の悪い首相の存在も相まって、こんな異様な法律が成立しますが、
意外と、今の若者には支持されるかも(苦笑)。
選別方法は別として、高齢者に手厚い保証を付けるのではなく
むしろ冷遇するという政策は、不満と不幸の蓄積した貧しい若者の関心を引きそうです。

続いて、表題作の「死刑長寿」。
死刑が確定したまま、60年近く収監されて未だに死刑執行されていない男の存在が発覚。
法定手続きに則って死刑が確定しているものの、
終戦前後のドサクサの中で殺人の疑いで逮捕されたため証拠がイマイチ怪しい。
そんな状況のため、歴代法務大臣が刑の執行対象者から除外し続け、
それが長期間にわたってくると、今度は高齢を理由に執行対象者から外され。

こんな死刑確定囚を、どう扱ってよいかわからない行政は首相に判断を丸投げし、
首相は、タナカマキコ氏がモデル(?)の外務大臣に押し切られて
死刑囚の存在を公表し、手厚い福祉の成果だとPRする始末。
マスコミもどう扱ってよいか分からず、そのPRにのっかってしまうという体たらく。

まあ、実際の日本の行政はもっとしっかりしているでしょうから、
こんな存在が急に明らかになることはないと思いますが、
それでも、こういう極端な設定を通して、行政や政治、マスコミを批判する姿勢が
面白かったです。

個人的に面白いと思ったのは、この2作かな。
著者独特の文体が読んでて疲れるという理由もありますが、
後半は食傷気味で流し読みとなってしまいました。

良くも悪くも、押しの強い、アクの強い作家さんですね。


死刑長寿 (文春文庫)死刑長寿 (文春文庫)
野坂 昭如

文藝春秋 2007-12-06
売り上げランキング : 87112

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  野坂昭如 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『メアリと魔法の花』 | メイン | 『一橋ビジネスレビュー65巻4号』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5676-002db085
| メイン |