FC2ブログ
『一橋ビジネスレビュー65巻4号』
- 2018/09/05(Wed) -
『一橋ビジネスレビュー65巻4号』

特集が航空機産業ということで、
興味がない分野だったので、長い間、積読状態でした。
台風直撃で仕事ができないので、その間に読もうと手に取りました。

で、実際読んでみて、やっぱり航空機産業には興味がわかず(苦笑)。
でも、世界初の民間航空機を製造したイギリスのデ・ハビランド社が、
コメット機の連続事故により運航停止に追い込まれ、
設計見直しなどにより機体を改善するも、ブランドが失墜した状況を覆せず
経営悪化により買収されるという流れを知り、
旅客産業の厳しさを実感しました。

飛行機は、自動車などに比べて事故率は格段に低い安全な乗り物だとされています。
一方で、万が一事故に遭ったら、死ぬ確率が非常に高いという面もあります。
そして、事故の場合は一度に多くの方が亡くなるという悲劇。
自動車の安全確保の技術とは異なる次元で、
安全性を確保しないと、会社の経営が危ぶまれるという立場です。

学生時代、村上陽一郎先生の『安全学』という本で、安全の考え方を学びましたが、
リスクとベネフィットのバランス、リスクとコストのバランスをとることの難しさを
改めて、この航空機産業の話で実感しました。

ただ、事故や安全に関する経済的な分析が本誌ではあまり行われなかったのが残念。
まぁ、国産ジェットを後押しするような趣旨の特集ですから、
ネガティブ面の掘り起こしはし難かったのかな。

特集記事以外では、富士メガネの難民キャンプでの検眼活動が印象に残りました。
やはり、思いがしっかりしている企業は強いですよね。
35年間にわたって、世界各地の難民キャンプで検眼を行っているという実績だけで、
本体の眼鏡屋としての事業が非常にうまくいってるからこそ続けられる
ボランティアなんだろうなと分かります。
そんな企業に入社してくる従業員は、もちろん、このミッションに共感しているでしょうし、
組織がどっしり安定しているのだろうなと思いました。

他には、デザイン会社ziba tokyoが行ったランドセル製造の提案の物語。
発想の手順について解説した記事でしたが、
私はそれよりも、プレゼンテーション力の方に興味を持ちました。
私的なパーティに呼ばれ、パーティまでの3日間でコンセプトを詰め、
そして「当日ちょっと時間をください」と言って、簡単なプレゼンをさせてもらう、
それにより、会場にいる人の心を一気に鷲掴みにするストーリー。
勉強になりました。


一橋ビジネスレビュー 2018年SPR.65巻4号: 次世代産業としての航空機産業一橋ビジネスレビュー 2018年SPR.65巻4号: 次世代産業としての航空機産業
一橋大学イノベーション研究センター

東洋経済新報社 2018-03-19
売り上げランキング : 266820

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『死刑長寿』 | メイン | 『哀しみの女』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5675-321a4860
| メイン |