FC2ブログ
『迷わない。』
- 2018/09/03(Mon) -
櫻井よしこ 『迷わない。』(文春新書)、読了。

「迷わず改憲!」「迷わず男系天皇!」みたいな
論陣を張った本だと思いこんで買ってきたら、
著者自身の半生を振り返って、ジャーナリストとしての活動経歴から、
自分自身の人生哲学までを語った本でした。

最初は、「ありゃ、間違えた」と思ってしまいましたが、
すんなり冒頭の部分を読めたので、そのまま読み通してみたら、
非常に面白い本で、当たりでした。

私自身が著者を初めて認識したのは『NNNきょうの出来事』のキャスターとしてですが、
当時、私は、『プロ野球ニュース』見たさに『ニュースJAPAN』を見ていたので、
単に「ニュースを読む人」という印象しか持っていませんでした。

しかし、ネット世界での言論活動が活発になってきてから、
「あぁ、この人は保守の論客なんだ」と、ようやく認識できました。

あまりまだ著作は読んでいませんが、
本作で語られた半生を知ると、その視野の広さと冷静な判断力に
この人の発言はちゃんと聞かないといけないなと思わされました。

もともと疑問に思っていた、
「アナウンサーじゃない人がキャスターに選ばれるのって、どんな経緯で?」という疑問にも
なるほどねぇ・・・・・って感じでした。
結局、それまでのコツコツとした取材活動による業界内での信頼感と、
判断力のスピード感と、あとは少々のテレビ映りの良さって感じですかね。

地道な努力が信頼を生み、人が人を呼んできてくれるんだなということが
良く分かりました。
自分も、コツコツと信念をもって仕事をしていけば、
きっと周囲の人が評価してくれて、次のステージに繋がっていくはずだと
希望を持てた内容でした。


迷わない。 (文春新書)迷わない。 (文春新書)
櫻井 よしこ

文藝春秋 2013-12-20
売り上げランキング : 288802

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  櫻井よしこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『哀しみの女』 | メイン | 『世界から猫が消えたなら』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5673-f4171642
| メイン |