FC2ブログ
『さがしもの』
- 2018/08/31(Fri) -
角田光代 『さがしもの』(新潮文庫)、読了。

タイトルからは良く分からなかったのですが、
本が登場する話ばかりが集められた短編集でした。

しかも、どの作品にも「本が大好き!」とか「この本に思い入れあり!」というような
本好きな人物が登場してくるので、同じ本好きとしては、ウキウキしながら読めました。
「そうそう、その感覚、分かる~っ」てなもんです。

単行本で出たときは、『この本が、世界に存在することに』という
本の話だと素直に分かるタイトルがついていたよですが、
文庫化にあたり、なんで改題しちゃったのでしょうかね?

さて、冒頭の『旅する本』。
苦学生で金の工面に苦労して古本屋に蔵書を売ったら、
その中の一冊に対して、古本屋が「これ売っちゃうの?」と問いただした本。
お金欲しさに売ったのに、海外旅行の旅先の古本屋で思わぬ再会。
しかも、1度ならず、何度もあちこちで再会。
この作品を読んでいて、角田さんの実体験をつづったエッセイなのではないかと思ってしまうほど
変なリアリティのある物語りでした。
私自身は、古本屋に売り払うのは、合わなかった本だけなので、
こんな劇的な再会があっても気づかないだろうな・・・・・という寂しさも加味されての感想かも。

続く作品『だれか』は、海外旅行中にマラリアにかかり療養中に読んだ本の話、
『手紙』は、伊豆の温泉旅行先で、部屋の机の引き出しにあった本と手紙の話。

という感じで、どれも小説なのですが、なんだか角田さんの体験が書かれてるような、
そんな感覚に陥ります。
本好きが望む、本との特別な体験ということなのでしょうかね。

個人的に一番好きだったのは『ミツザワ書店』。
ストーリーは、正直、展開が読めてしまう単純なものでしたが、
素直に、「ミツザワ書店に行ってみたい!」と思わせてくれる
魅力的な書店のお話でした。

私は、新刊本を扱っている本屋さんはあまり思い入れがないのですが、
やっぱり古本屋さんというのは宝探しの感覚があって、
何時間でも過ごしていられる場所でした。
神田の古本屋街は、今でも東京に行ったら時間を作って覗きに行ってます。
三重県に戻って、古本屋というジャンルが非常に乏しいのが残念でなりません。
ブックオフが唯一の癒しです。
また神田古本屋街に行きたいなぁ。


さがしもの (新潮文庫)さがしもの (新潮文庫)
角田 光代

新潮社 2008-10-28
売り上げランキング : 14257

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  角田光代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『半落ち』 | メイン | 『淀川でバタフライ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5670-b6d05c44
| メイン |